理想のシステムには”予想外”にお金がかかる!

あなたはどれだけお金をかけますか?

理想のシステムを作るにはお金がかかります。
開発会社に見積りを依頼して「ビックリ!」された方も多いと思います。

そして、自社業務にあわせて強引にシステム化すると、
「高コスト」「使いにくいシステム」「わかりにくいシステム」になりがちです。

それは、業務分析というプロセスを通らず「現状をシステム化する」ことで、
無駄なものまでシステム化したり、人が手作業で行った方が良いものまで、
無理にシステム化してしまうことがあるためです。

【鉄則!】現状をそのままシステム化してはいけない!

業務そのものを変えるという発想の方が、コスト効果が高いと言えます。
パッケージを使うということはシステム化というより、
目的(たとえば予約受付)のために、どうすれば簡単でミスが無くなるか、
そのための“道具を使う”という考え方です。

【結論!】コストパフォーマンスが高いヨヤクちゃん!導入からスタート!

パッケージ(この場合は”ヨヤクちゃん!“)は、多くのお店がご利用し、
多くのお客様の意見が組み込まれています。
従ってそのままご利用になられても「最大公約数」としての効果は十分期待できます。

各店舗に100%マッチしたシステムではないかもしれませんが、
費用対効果を考え、パッケージを「使い倒す!」ということが、まず利益を出すための第一歩です。

システム導入の前に